忍者ブログ

ボニック足痩せ

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 記事 > レプチンは脂肪量の多い人ほど、脂肪細胞から多く分泌

レプチンは脂肪量の多い人ほど、脂肪細胞から多く分泌

人の脂肪細胞からは、食欲を抑制してくれるレプチンという物質が出ています。レプチンは脂肪量の多い人ほど、脂肪細胞から多く分泌されます。肥満で太っている人ほど、レプチンが分泌されるということですね。
そして、脳にある満腹中枢に働きかけて、食欲を抑えるように働きます。
そのほかレプチンは脂肪細胞に作用して、脂肪の分解・燃焼をうながす働きも持っています。

急激に食事量を減らす過激なダイエットでは、レプチンの分泌量が急激に減ることになり、脳に届くレプチンの量が激減する。そうなると、食欲抑制の可能性が全くなくなってしまうことになります。

▼ボニック980円ダイエット公式▼






拍手[0回]

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword