忍者ブログ

ボニック足痩せ

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 記事 > 汗をかく量が増える…どんなに汗をかいても、痩せられない理由

汗をかく量が増える…どんなに汗をかいても、痩せられない理由






「ボニック」詳細はコチラ




汗をかく量が増える…どんなに汗をかいても、痩せられない理由


汗をかくとカロリーを消費していると思いがちですが、暑さで出る汗は体温調節のためのもの。水分を毛穴から出し、身体の表面を外気で冷やそうとしているだけで、実はほとんどカロリーを消費していません。おまけにちょっと動くだけで汗が出てしまうので、意識していないと夏場は運動量が減少傾向に。

ここで注意したいのは、体温調節の汗はかけばかくほど太りやすくなる、ということです。人間の身体には、発汗と引き替えに失われてしまう栄養素があります。それは、脂肪の代謝を促すビタミンB1・B2・B6とミネラル。

特にビタミンB群は、水に溶けやすく身体に蓄積されにくい“水溶性ビタミン”と呼ばれ、汗や尿で簡単に流れ出てしまいます。従って、運動の伴わない汗をやみくもにかくほど、糖質・脂質・タンパク質といった栄養素を、ただの脂肪として溜め込んでしまう体質に…。

注意が必要ですね。



▼ボニック980円ダイエット公式▼



「ボニック」詳細はコチラ




拍手[1回]

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword